仕事内容

リゾートバイトはやめとけ?ブラックできついか私の体験談と口コミ評判を公開

リゾートバイトの体験談や口コミをみていると

  • 14連勤シフト…
  • 休日が出勤になりました…
  • 毎日2時間も残業させられる!
  • リゾバ先が田舎過ぎる!きつい!
  • 食事は提供されるけど、安いお弁当…

などブラックできついリゾートバイト先があるぞ!やめとけ!という体験談をみかけるので、「大丈夫かな…」と不安を感じる人は多いでしょう。

住み込みで働くため、つものアルバイト探しよりも心配になったり慎重になるのは当然。

この記事では私が実際に働いたリゾートバイト先の環境やブラックでキツイ場所を避けるためにしていることを紹介していきます。

ブラックできついリゾートバイト先を避ける方法

リゾート地で楽しく働きながらお金を稼ぎたい!と誰もが思っていると思います。

そこで8ヵ所(2年間)リゾートバイトをして、ブラック・きついといわれる劣悪な環境に遭遇しなかった私が気を付けたことをお伝えします。

リゾバ探しのポイント
  • 派遣会社(大手)に登録して探す
  • 残業時間や人間関係を聞く
  • 期間満了する人は多いか
  • 延長する人はいるのか

これらのポイントを押さえてリゾバ先を探せば楽しいリゾバ先を見つけることができるでしょう!

それぞれ詳しく解説するので、ブラックできついリゾートバイト先を避けたい人は参考にしてください。

派遣会社に登録してリゾートバイト先を探す

まず1番大切なのは「派遣会社に登録して探す」ことです。

自分で求人誌やアルバイトサイトで探すこともできますが、選択肢が少なすぎる&情報が少な過ぎて良い悪いを判断できません。

リゾバ専門の派遣会社に登録することで

  • たくさんの候補から選べる
  • 担当に現地の周辺情報を聞ける
  • 休日や休憩時間、仕事内容も詳しく聞ける

といったメリットがあるので、派遣会社に登録して探すのがブラックなリゾバ先を避ける第一歩です。

以下の5社は私が実際に使っている大手の派遣会社なので、どこに登録しようか迷っている人はココから選べば間違いありません!

順位 おすすめな理由
1位 グッドマンサービス
業界No1の時給の高さ!他社より時給+100円で求人数も豊富。3か月で60万、半年で100万円の貯金も可能!
2位 アルファリゾート
仲居さんに特化して高時給!着付けや作法を学びながら稼ぎたい女性におすすめ、エステやクルージングの福利厚生も充実。
3位 ハッシャダイリゾート
面倒な履歴書なしでLINE登録だけで完了!交通費を事前に渡すキャンペーンもあって最注目!
4位 アプリリゾート
業界で口コミNo1!留学、ワーホリのサポートや留学先の紹介までしてくれる「ZEROから留学」が新しい!
5位 ヒューマニック
業界の老舗!求人数は業界のNo1!理想のリゾバ先みつかる可能性あり

【これでOK!】時給や交通費でリゾートバイト派遣会社10社を比較

派遣会社ごとに時給や求人数、登録方法など特徴が違うので、自分の目的にあった派遣会社をみつけて登録しましょう!

期間を満了する人や延長率が高いか担当者に聞く

リゾートバイトは1ヵ月、3ヵ月など期間が決まっていますが、

  • 途中でやめちゃう人
  • バックレする人

など期間を満了せずに帰ってしまう人がたまにいます。

働きやすい、自分にあっている環境のリゾートバイト先だと「期間満了」する人が多いので、気になるリゾバ先があったら担当者に聞くといいです。

満了しないでやめる人が多いと、なにかしら問題がある可能性があるので注意しましょう!

期間を延長して働く人がいるか担当者に聞く

リゾートバイトは最初に決めた期間を満了すると、そのまま同じ場所で働くか他の場所で働くか選ぶことができます。

延長して働くことを選ぶ人が多いリゾートバイト先は

  • 時給が高くて稼ぎやすい
  • コンビニやスーパーなど周辺環境が良い
  • 勤務している人が優しい

などリゾートバイト先の居心地が良く「もう少し働いてもいいかな?」と感じる人が多い場所です。

そのため「延長率は高いですか?」と担当に聞くことは、ブラック・きつい職場を避けるために有効な質問となります。

残業が多すぎないか、ストレスを与えてくる人がいないか担当者に聞く

ブラックやきついといわれるリゾートバイト先の多くは「残業が毎日2時間以上」「嫌なことをいう人がいる」など一般的な仕事と同じような感じです。

  • 残業は月どのくらある?
  • 社員さんとかで変な人いますか?
  • どんな雰囲気の職場ですか?

など聞くことで、「残業が毎日あるなんて聞いてなかった!きつ過ぎる!」「パワハラ上司がいる!」といったブラックできついリゾートバイト先を避けれる可能性が高まります。

 

楽しいイメージがあるリゾートバイトですが、リゾバ先を選び間違えると「一生やりたくない!」と感じてしまうでしょう….

ほんとはめちゃくちゃ楽しくて、ずっとリゾバしていたいと感じるほど楽しい仕事です。

良い思い出になるようにリゾバ先はしっかり選びましょう!

リゾートバイトのシフトと1日の仕事のスケジュール

2月の忙しい北海道の知床でのリゾートバイトのシフト

北海道の知床は2月~3月が一番忙しい時期で、その1カ月半の期間働きました。

1年で最も忙しい時期

休日 月間5日
残業 毎日1前後
時給 950円
手取り 約23万

連勤は最長で7日間、毎日朝6時から仕事で4時間の中抜け、仕事が終わるのが22時という勤務時間で、体力的に楽な仕事ではありませんでした。

忙しい現場と聞いていたのと、お金を稼ぎたいという要望で知床でのリゾートバイトを選んだので個人的には不満はなく働けて良かったです。

自分の理想とかけ離れたリゾバ先に行かない為にも、この後紹介する私がしている質問を参考にしてもらえればと思います。

夏休み前の熱海でのリゾートバイトのシフト

熱海の旅館は6月~7月の2ヵ月間働きました。

夏休み本番前の勤務だったので、休日も月間で7日~9日ありましたが、時給が1250円だったので体力的にきつくはなくしっかり稼ぐことができました。

夏休み本番前の期間

休日 月間7~9日
残業 ほぼなし
時給 1250円
手取り 約23万円

北海道のリゾートバイトが忙しく体力的にきつかったですが、熱海の旅館は体力的に楽でしっかり稼ぐことができる個人的には優良なリゾバ先でした。

夏休み期間(8月)の伊勢のリゾートバイトのシフト

伊勢のリゾートバイトは夏休み~お盆の忙しい時期でした。

忙しい時期でもスタッフの人数も確保されていたので、残業も多くなく休みも週1.5は貰えていたので快適なリゾバ生活を過ごすことができました。

夏休み・お盆の忙しい時期

休日 月間6~8日
残業 ほぼなし(あっても30分)
時給 1250円
手取り 約25万円

今まで3ヶ所でリゾートバイトを経験しましたが、「ブラック」「キツイ」という現場はありませんでした。シフトを見ていただければわかりますが、休日もしっかりあります。

ブラックと言われるリゾバ先は派遣会社に登録して探すことである程度回避できるということです。

私がリゾバ先を選ぶときにしている質問を紹介します。

短期のリゾートバイトは忙しいからブラックだ!きつい!!という体験談が多い

リゾートバイトで最も人気のある期間は1ヵ月前後の短期のリゾートバイトです。

1ヵ月前後の短期のリゾートバイトが募集される時期には特徴があります。

  • GWやお盆、年末年始の時期
  • 夏休み、冬休みの時期
  • 観光地がシーズンの時期

 

GWやお盆、年末年始といった時期は世間がお休みになる時期でリゾート地は忙しくなります。

夏休みや冬休みは海やスキー場、温泉地などに観光客がたくさん訪れる時期で忙しい。

その時期以外にも観光地ごとに繁忙期があります。

 

GWやお盆、年末年始の短期のリゾートバイトは忙しいんです。

 

  • 朝7時から夜は22時まで仕事(お昼に長めの休憩あり)
  • 中抜けシフトが変則で慣れるのが大変(お昼に5時間程度の休憩)
  • レストランなどは歩きっぱなしで疲れる

 

「リゾートバイトは遊べる」というイメージを強く持っている人だと、思った以上に遊べない、体力的に遊ぶ余裕がないということもあります。

実際に中抜けシフトや朝早くて夜遅い勤務時間に慣れるのに、2週間くらい掛かりました。

短期のリゾートバイトだと慣れたころに期間終了なので、愚痴を言いたい人もいるかもしれませんね。

リゾバの広告「休日は遊べる」「最高!」を信じすぎてギャップあり

当サイトでリゾートバイトを知ったきっかけ、どうやって見つけたのかを聞いて一番多いのが「ネット広告」です。

リゾートバイトの派遣会社の広告は「遊びながら稼げる!最高!!」というような楽しさを前面に押し出している広告が多いので、リゾバは遊べるから簡単な仕事と思って応募する人もいると思います。

 

しかし、先ほども言った通りリゾートバイトは忙しい時期に働きます。

慣れない仕事で疲れてしまってお昼の休憩時間は寝て過ごす、休みの日は観光に行きたかったけど体力回復の為に寮にいる。

リゾートバイトは遊べると思ってたのに!というギャップもリゾバに行く時期によってはあります。

リゾートバイトに慣れてしまえばしっかり稼いで遊ぶこともできますよ!

ブラックできついリゾバ先を選ばない為に私がしている質問

「ブラック」「きつい」リゾバ先にあたらない、自分の納得のいくリゾートバイト先を見つける為に私がしている質問を紹介します。

リゾートバイト先選びで困っている、迷っている人は参考にしてください!

過去の労働時間、残業の有無、休憩時間について

気になるリゾートバイト先があった時に、過去の労働時間・残業の有無・休憩時間について聞いています。

派遣会社は、今まで働いた派遣スタッフの労働時間や休憩、残業時間を把握しています。

リゾートバイト先がどの程度忙しいのか、しっかり休憩は取れているのか、残業は毎日あるのかなど、この質問で知ることができます。

 

  • 毎日1~2時間残業があります
  • 月6日程度は休みがありますね
  • 今までの実績をみると月23~26万円ほど稼いでいますね

といった感じで答えてくれるので、「きつそうだな」「もう少し労働時間が少ない方がいい」というように判断できます。

稼ぐよりも遊びたい、適度に稼ぎたいと思っている人が「毎日残業1~2時間」の職場にいったら「ブラックだ!きつすぎる!!」とリゾートバイトはブラックとなりますね。

自分にあったリゾートバイトをしたければこの質問をしましょう!

満了する人、途中で辞める人が多いか

リゾートバイトは期間が決まっているので、「延長」か「辞める」かを選べる仕組みになっています。

「延長する人が多い」ということは職場環境や周辺環境など、なにかしら良いと感じる部分が多いということなので、ブラックな職場でない可能性が高いです。

気になるリゾートバイト先があった時に

  • 「今までのスタッフさんは延長とかしてますか?」
  • 「どんな理由で延長しているんですか」
  • 「なんで延長しなかったんですかね」

と私は気になることを聞いています。

 

  • 若い人が多くて楽しいと言って1年いる人がいます。
  • 半分くらいの人が延長していますよ。
  • みなさん場所が田舎過ぎないのが良いと言ってますね。
  • ちょっとうるさい社員さんがいるみたいなんですよ….
  • 寮からホテルまで坂道10分歩くのが辛いといっていました

こんな感じに担当者も答えてくれます。

辞めた人の理由が大したことなく、自分では我慢できる部分である場合もあります。

この質問で悪い部分を聞けることもあるのでおすすめの質問です。

働いている人の年齢層や面倒な人がいないか

ブラックというよりも「キツイ」と言われる職場には、アタリがキツイ社員さんやちょっと性格が変わった面倒な人がいることが多いです。

派遣会社の担当者は、派遣スタッフからそういった情報をもらうこともあるので聞いてみるといいですよ。

私が北海道のリゾバに行くときに「職場に口うるさい人がいるみたいなので、ちょっと気を付けてください」と言われたことがあります。

事前に知っていることで心構えができましたし、「あっ、この人だ」と少し距離を置くことを最初からすることができました。

ブラックなリゾバ先を避ける為の心得2つ

今までブラック、聞いてる話と違う、きつ過ぎるといったリゾバ先に遭遇したことのない私が、リゾバ先を探すときの心得ていることを紹介します。

簡単な事なので、ぜひ試してみてください!

自分が気になっていることは「全部」質問する

先ほどのブラックな職場を見極める質問もそうですが、自分が気になっていることをすべて遠慮なく質問することが大切です。

キツイ職場や職場の周辺環境が田舎過ぎる、労働時間が長いといったことはリゾバ先選びのときに質問していれば避けることができます。

質問しないことで、現地にいって初めて知ることがあり「聞いていない」「知らない」「話と違う」といった問題が起きるので、気になることは遠慮しないで聞きましょう!!

 

自分の希望を「全部」しっかりと伝える

自分が納得のいくリゾートバイト先で働きたいのであれば「自分の希望をしっかり伝える」ことが大切です。

  • 北海道が希望
  • 時給950円以上

この2つだけの条件でリゾートバイト先を探してもらうのと

 

  • 北海道
  • 時給950円以上
  • 個室
  • 月20万円前後、稼げればいい
  • できる限り都会

自分が希望する条件をできる限り伝えるのとではだいぶ違いますよね。

 

希望を伝えないで派遣会社が送ってくれたリゾバ先候補地の一覧から選んで、質問もしなければ、自分が求める条件のリゾバ先に出会うことは少ないです。

そういった人は結果的に「ブラックだった!!」「リゾバなんか違う!」となります。

ブラックできついリゾバ先を避ける為の質問まとめ

今まで6か月(3ヶ所)にいってすべて快適なリゾバ先だったので、同じように派遣会社とやり取りをすることで、ブラックできついリゾバ先を限りなく避けることができます。

  • 過去の労働時間・残業
  • 満了する人、辞める人の割合
  • 面倒な人がいないか
  • 気になる事を全部質問する
  • 自分の希望を全部伝える

 

あまり質問をしないで「大丈夫だろう」とリゾバ先を決めると、自分の考えと違う部分が見えると嫌になってしまいます。

リゾートバイトは最高に楽しくて本当におすすめなので、今回の質問を参考にしていい思い出にしてください!

▼リゾート地での住み込みバイトが超絶楽しい!おすすめする理由とデメリットを6か月の住み込み体験談で紹介

きついと言われる「中抜けシフト」に慣れたらリゾバは体力的にめちゃくちゃ楽

リゾートバイトはホテル・旅館関係の仕事が多く、その仕事で特徴的なことが「中抜けシフト」です。

中抜けシフトとは、朝からお昼まで仕事して、お昼から夕方の仕事までの間に長めの休憩があるシフトのことです。

 

  • 午前 朝8時~11時まで仕事
  • 中抜け 11時~16時まで休憩
  • 午後 16時~20時まで仕事

こんな感じにお昼に長めの休憩時間があるのが中抜けシフトです。

中抜けシフトの時間はリゾバ先によって違うので、勤務時間が気になる人は担当者に聞くといいです。

 

普通の会社員の勤務時間だと朝から夕方までの仕事で休憩時間が1時間といった感じなので、リゾートバイトに行くと変則的なシフトに慣れずキツイと感じる人も多いです。

 

ですが、中抜けは3時間~5時間ほどあるのでお昼寝をしたり、趣味をしたり、観光したりなど自分の好きなように使うことができます。

慣れるまではきついかもしれませんが、慣れてしまえば体力的に働きやすいシフトです。

私は中抜け中に同僚と海にいったり、食事にいったり、ドライブに行ったりしています。

慣れるまではきつかったですが、慣れたら最高に楽しめるシフトです。

リゾートバイトがきついと言われる理由を紹介

中抜け休憩はあるけど早朝から深夜までの勤務時間

ホテル業界で働いたことのない人は「朝が早い」「夜が遅い」「中抜け」がきついと感じると思います。

リゾートバイト先を探すときに「中抜け」と記載があったり担当者に聞けばわかることなので、中抜けシフトが嫌な人は避けましょう。

 

リゾートバイトでやる職種によって中抜けがない職種、中抜けと通し勤務がある職種などバラバラで、ホテル関係のリゾートバイト先は中抜けシフトになる可能性が高いです。

マリンスタッフや売店、スキー場のリフトなどの職種は通し勤務で、朝8時から夕方17時くらいまでという感じなのでそちらもおすすめです。

中抜け以外には「通し勤務」もある

リゾートバイトには「中抜け」と「通し勤務」の2種類があるので、変則的な勤務が嫌な人「通し勤務」のリゾバ先を探しましょう。

通し勤務は会社員と同じように朝から出勤してお昼休憩(1時間)してそのまま午後の仕事という流れです。

短期のリゾバだと遊ぶ余裕がない

朝6時から仕事なので、お昼の中抜けの休憩時間はお昼寝して午後の仕事に備えるという人が多いです。

1週間~2週間ほど経つと体が慣れてきてお昼に出かけることもできますが、1週間とかの期間でリゾバに来ている人は仕事だけして帰っていくという人もいます。

短期間で覚える仕事がたくさんある

リゾートバイトは1ヵ月~3ヵ月という短い期間で働きますが、早い段階で仕事を覚えて戦力にならないといけません。

普通の仕事よりも早く覚えなければいけない環境なので、覚えるのが苦手な人には大変かもしれません。

勤務中は歩き回る、足が痛い

ホテルのホールで働いたことがなかったので、働き始めたのでビックリしましたがずっと歩きまわっています。

大型のホテルで食事会場は200名ほど入る会場だったので、それなりに広く歩く距離も多いです。

 

お客様がいるテーブルで不要になった食器などがないか巡回しながら、ドリンクのオーダーをとって届ける。

営業職もやっていた私ですが、最初の1週間は緊張もあるせいか結構きつかったです。

歩き慣れていない方だと最初の1週間くらいは自分の足じゃないと思うくらい足が疲れます

一緒にスタートした派遣の女の子は5日目で早く地元に帰りたいと言っていました。

怒られることが多くて辛い

リゾートバイトで1カ月半とかしかいないですが、お客様には関係ないのでリゾートバイト先の上司によく怒られます。

一緒にスタートした兵庫から来ている男性スタッフの方は、少しおっとりしているのでよく怒られていました。

  • 同じことを聞く
  • 同じことを失敗する
  • 動きが機敏じゃない
  • 声が小さい
  • 返事のレスポンスが悪い

など、細かいことで怒られます。

リゾートバイトは短い期間で戦力にならないといけないので、多少怒られることを覚悟していかないと精神的に辞めたくなるかもしれません。

7連勤・中抜けでの変則勤務はきつい・ブラックと感じる人もいるかも

ホテル関係で働いたことある人からすれば当たり前ですが、普通のサラリーマンや昼間の仕事しかしていない人にとっては「7日連続勤務」や「早朝出勤・夜中まで」「中抜け」といった慣れない勤務時間だと「きつい!ブラックだ!!」と思う人もいるかもしれません。

仕事がきつい!出勤3日目で派遣1人バックレ

実際、調理場担当の派遣さんは、労働時間の長さと調理場の仕事が忙しい&口うるさい社員さんがきつかったようで、3日目でバックレてしまいました。

一緒に働いていた派遣スタッフ6名は、ちょっと忙しいけど中抜けで休憩できるし、そこまで大変じゃないと言っていたので、働き慣れていない人にはきつい環境なだけだったのかもしれません。

時期や職種、リゾバ先によって忙しさやきつさが全然違う

何か所もリゾートバイトにいって感じましたが、リゾバ先や職種、時期によって忙しさやきつさが全然違うということです。

繁忙期であればどこのリゾート地も忙しいですが、小型の旅館だとお客さんの人数が少ないから大型よりもきつくない。

バイキングは会場が広くて歩き疲れるけど、小型の旅館はそれに比べて歩かないから楽。

 

場所や職種によって全く違ってくるので、きついリゾバ先を避けたい人は選ぶ際に質問をして避けましょう。

リゾートバイトできつくない楽な仕事をしたい人へ

いろんなリゾートバイトにいって私なりに楽なリゾバ先の共通点があることに気が付きました。

それをまとめたので、きつくない場所で働きたい人は読んでみてください。

リゾートバイトで楽な仕事をしたい人が抑えるべきポイント

自分に合った派遣会社を選ぶのが大切

リゾートバイトは派遣会社に登録して働くことで寮費や食費、水道光熱費が無料になり交通費も支給されます。

時給が高い派遣会社、求人数が多い派遣会社、女性に人気の派遣会社、キャンペーンをやっている派遣会社などそれぞれ特徴が違います。

4社とも使ってみて特徴をまとめて比較してみたので、派遣会社選びをこれからする人は参考にどうぞ!

 

ABOUT ME
ひで
会社員を辞めたタイミングで「旅行が好き!」「いろんな場所に行きたい!!」という想いから2017年2月~リゾバ生活をスタート。リゾートバイトをやろうと思っている人の役に立てれば嬉しいです!