お金

【全額支給は8割以上!】リゾートバイトの交通費の支給額は派遣会社で違う!

リゾートバイトは北海道や沖縄、四国、関東、東北など、全国各地の好きな場所で働くことができます。

普段、なかなか行けない場所を選ぶ人が多いんですが、そこで気になるのが交通費でしょう。

  • 交通費って自己負担?
  • 支給されるならいつ貰えるの?
  • いくらまで支給されるの?
  • 交通費を先に支給してもらうことはできない?

などの疑問があると思います。

ひで
ひで
派遣会社ごとの交通費の違いや、リゾバ経験者100人に交通費のアンケート調査をしてみたので参考にどうぞ!

【アンケート調査】リゾートバイト先までの交通費が全額支給されたか

まず、1番気になる「リゾートバイト先までの交通費が全額支給されたか」ですよね。

実際にリゾバにいった100人に聞いてみました!その結果がこちらです。

交通費が全額支給されたという方は100人中82人。8割以上が交通費を負担せずに、リゾートバイト先まで行けたことがわかります。

ひで
ひで
逆に、2割の人は多少なり交通費を自己負担したってことです。

しかし、沖縄から北海道など、交通費がバカ高い移動じゃなければ基本は負担なしで行けますよ!

リゾートバイトは大手派遣会社ほど交通費の支給額が多い傾向

新幹線や飛行機を使うと、交通費が往復4~5万になることがあります。

派遣会社によっては全額支給ではなく、「2万円まで」という一部支給というパターンもあります。

交通費は、「派遣会社とリゾバ先で相談して、リゾバ先が払う」仕組みです。そのため、派遣会社の「交渉力」が高いほど、全額支給や支給上限が高くなります。

ひで
ひで
交渉力は大手の方があるので、結果的に全額支給される確率が高いです。

ここでは私が実際に使った、大手派遣会社5社を紹介します!

派遣会社
交通費とおすすめな理由
グッドマンサービス 業界No1高時給!平均して他社より+100円高い。求人数も多くバランス◎
交通費の上限なし!リゾバ先によっては5万円でも全額支給する場所あり
ハッシャダイリゾート 【20代限定・3か月以上】LINEだけで面倒な面接なく登録完了!
3か月以上なら行きの航空券を先にくれる!行きの交通費を前払いしてくれる唯一の派遣会社
アプリリゾート 社員さんの優しさNo1!留学目的ならオンライン英会話が無料で受講も可能。
交通費は上限設定なし!リゾバ先によって1万円~4万円までバラバラ。
アルファリゾート 温泉地の求人数No1!仲居さん(客室係)なら業界No1の高時給!着付けや作法を学びながら稼ぎたい女性におすすめ。
交通費は3か月以上なら5万円まで支給。3か月未満はリゾバ先によって変わる
ヒューマニック 業界最大手で年間通じて求人数No1!時給は低めだけど、求人が豊富だから条件にこだわって探せる。
交通費は4万円が上限。2万円の設定がされているリゾバ先が多い

主に以下の2社が交通費の支給額が多い&負担が少ない派遣会社です。

交通費以外にも「時給」や「求人数」に違いがあるので、派遣会社を詳しく比較したい人はこちらの記事をどうぞ。

【2019おすすめランキング】リゾートバイト派遣会社を比較|信頼できる評判のいい5社を推薦リゾートバイトの派遣会社はどこがいいの?おすすめは?と気になりませんか。求人数や時給の高さ、交通費など会社によって違います。人気派遣会社10社を徹底的に比較しおすすめをランキングで紹介。損しないためにも派遣会社選びは慎重にしましょう!...

【アンケート調査】リゾートバイト先までに掛かった交通費

人によっては

  • 北海道から沖縄へ
  • 東京から北海道へ
  • 大阪から九州へ

など、移動する距離が違います。そのため、リゾートバイト先までにかかる交通費もバラバラ。

3万円以内が68%で1番多く、次いで4万円以内が18%という結果でした。

「交通費を全額負担してもらえたのが82%」ということから、おおよそ3万円~4万円が交通費の上限

そのため、「4万円以上」交通費が掛かるようだと、数千円~1万円くらいを負担する可能性でてきます。

ひで
ひで
沖縄から北海道や、関東から九州といった飛行機を使うような距離だと交通費が高くなりがち。

交通費を絶対に負担したくないなら、「自宅から3~4万円で行けるリゾバを選ぶ」といいでしょう!

リゾートバイトの交通費で注意するべきこと

往復の交通費を支給してもらうには、いくつか条件があるので、把握しておきましょう!

  • 契約期間を満了しないと貰えない
  • 最後の給料と一緒に交通費が振り込まれる
  • リゾートバイト先によって支給額が違う
  • 交通費を事前には貰えない(1社例外あり)

期間満了が絶対条件!途中で帰ると交通費の支給なし

ひで
ひで
最初に決めた契約期間を満了しないと、交通費は支給されません。

「途中でやめたら」交通費が自腹になることを覚えておきましょう!

  • 嫌な先輩がいてバックレた
  • 家庭の事情で帰らなくちゃいけなくなった
  • 早く帰りたくて期間を短縮してもらった

派遣会社とリゾバ先の間で、「2ヵ月働けるスタッフを紹介する」、だから「交通費は4万円まで出す」といった条件で合意しています。

そのため、期間を満了しなかった場合は契約違反となり、リゾバ先は交通費を支払う必要なし。

ひで
ひで
交通費は派遣会社ではなくリゾバ先が負担している費用。

なにか問題を起こしたり、期間短縮等の契約違反があったら払ってもらえないことも納得ですね!

期間短縮しても交通費の支給OKだと、簡単に辞めちゃう人がでる可能性が高くなるので一律NG

家庭の事情でやむを得ず期間短縮をした場合も、「期間満了しなかった扱い」になるのはちょっと厳しいですよね。

しかし、嫌なことがあったら「理由をつけて期間短縮して帰る」という人がいます。

不正を許さないために、「期間満了しなきゃ交通費は支給しない」と統一しているんですね。

リゾバ先までの交通費の前払いはない(1社例外あり)

「行きの交通費を先に欲しい!」という方もいますが、基本的に交通費は前払いされません。

その理由は簡単で、先に交通費を渡してバックレられたら「ただ旅費をあげただけ」になってしまうから。

  • 行くまでの交通費がない!
  • 交通費を払うと現地での生活費が足りない!
  • バイトするのにお金を払うなんて考えられない

という人は多いでしょう。

そういった人は、ハッシャダイリゾートなら、3か月以上のリゾバ限定で「行きの航空券を用意」してくれます。

そのため、3か月以上働く予定で「交通費を絶対に負担したくない!」という人は、ハッシャダイリゾートを使いましょう。

ひで
ひで
交通費を払うと生活が苦しい人は、次に紹介する「給料前借制度」を利用するといいでしょう!

交通費を払うと、リゾバ先での生活費が心配という人向け「給料前借制度」

交通費に2万円使うと、リゾバ先での生活費が不安…という方は、「働いた分を給料日よりも早く貰う」ことができる制度を利用しましょう。

ただし、下記の大手派遣会社4社のみで採用されている制度です。

「給料日よりも先に貰う」となると、申請がめんどくさそうなイメージですが、申請はめちゃくちゃ簡単。

メールで「給料〇万円前払いお願いします」とするだけで、1~2営業日後に振り込まれます。

ひで
ひで
冠婚葬祭で、至急お金が必要になったときにも使えるので、覚えておいて損はありません!
リゾートバイトの途中でも給料が欲しい!その時は「給料の前払い制度」を活用しようリゾートバイトをしたいけど、給料が入るまでの期間中の所持金がちょっと心配.... 交通費を払ったらリゾートバイト先での生活費がない...

交通費を貰えるタイミングは、最後の給料と一緒に振り込み

1回目の給料日に「交通費を貰える」と思っている人もいますが、交通費がもらえるタイミングは、「最後の給料と一緒」です。

「本当に貰えるのか不安!」という人は

リゾバ先を決めたときに担当者から送られてくる、「交通手段と交通費〇万円支給します」というメールを保管しておきましょう。

ひで
ひで
念のため、条件通りの交通費が支給されたか、給料明細の確認は忘れずにしましょう!

リゾートバイトは派遣会社ごとに交通費の支給額が違う

冒頭で、「交渉力のある大手の方が交通費の条件が良い」と紹介しました。

リゾートバイトの交通費が決まる流れはこんな感じです。

派遣会社とリゾバ先の交渉の流れ
  1. リゾバ先は交通費をなるべく払いたくないけど、人が欲しい
  2. 派遣会社は応募数を増やしたいから、交通費の条件を良くしたい

このリゾートバイト先と派遣会社の戦いです。

そこで、小さい派遣会社だと保有している人材が少なくて、すぐにリゾバ先に人を紹介できないことがあり、交通費の条件を引き出すことが難しい。

これが大手の派遣会社だと、数百人以上の人材がいて今すぐ紹介できるので、「交通費を全額にしてくれれば来週から行けます」と交渉できます。

ひで
ひで
だから大手の方が交通費の条件が良いんです!

派遣会社によって交通費の金額が変わるので、損しないためにも大手に登録しましょう!

派遣会社
交通費とおすすめな理由
グッドマンサービス 業界No1高時給!平均して他社より+100円高い。求人数も多くバランス◎
交通費の上限なし!リゾバ先によっては5万円でも全額支給する場所あり
ハッシャダイリゾート 【20代限定・3か月以上】LINEだけで面倒な面接なく登録完了!
3か月以上なら行きの航空券を先にくれる!行きの交通費を前払いしてくれる唯一の派遣会社
アプリリゾート 社員さんの優しさNo1!留学目的ならオンライン英会話が無料で受講も可能。
交通費は上限設定なし!リゾバ先によって1万円~4万円までバラバラ。
アルファリゾート 温泉地の求人数No1!仲居さん(客室係)なら業界No1の高時給!着付けや作法を学びながら稼ぎたい女性におすすめ。
交通費は3か月以上なら5万円まで支給。3か月未満はリゾバ先によって変わる
ヒューマニック 業界最大手で年間通じて求人数No1!時給は低めだけど、求人が豊富だから条件にこだわって探せる。
交通費は4万円が上限。2万円の設定がされているリゾバ先が多い

派遣会社を比較したい人はこちらの記事をどうぞ。

【2019おすすめランキング】リゾートバイト派遣会社を比較|信頼できる評判のいい5社を推薦リゾートバイトの派遣会社はどこがいいの?おすすめは?と気になりませんか。求人数や時給の高さ、交通費など会社によって違います。人気派遣会社10社を徹底的に比較しおすすめをランキングで紹介。損しないためにも派遣会社選びは慎重にしましょう!...

リゾバの交通費の疑問をグッドマンサービスに聞いてみた!

交通費のルールについて、いつもお世話になっている「グッドマンサービス(リゾートバイト.com)」の担当者に

  • 交通費がリゾバ先によって違う理由
  • 交通費が多い場所、少ない場所の特徴

など、リゾートバイト先を選んでいて気になるであろうことを聞いてみました!

【驚愕】リゾートバイトの交通費は派遣会社が決めていない

ひで
ひで
交通費がリゾートバイト先ごとに違うんですけど、なんでですか?
担当
担当

交通費はリゾバ先が負担するので、グッドマンサービス側が決めているわけではないからです。

なので、2万円まで支給するところや4万円、実費分を全額支給するところなど、交通費の支給額にバラつきがでるんです。

ひで
ひで
派遣会社が払っている、決めていると思ってました。

グッドマンサービスで決めれないの、交通費は一律いくらまで支給とか全額支給とか決めることができないんですね。

リゾートバイトの人気エリアは交通費が少なくても人が集まるから「一部支給」

担当
担当
 人が集まりにくいリゾバ先の場合は、交通費や時給などの条件をリゾバ先に頑張ってもらうように、グッドマンサービスからお願いしている感じです。

なので、年間を通して人が集まる沖縄や北海道の人気エリアは交通費が少ないんです。

ひで
ひで
条件が多少悪くても沖縄に行きたい人は多いですもんね。

リゾートバイトで「急募」「遠い」「人不足」の場所は交通費の支給条件が良い

グッドマンサービスの担当者が、「人気の場所は人が集まるから交通費が少ない」と言っていました。

ということは、逆に人気がないリゾートバイト先は条件が良くなるということです。

実際、北海道の知床という見渡す限り山しかない場所に行ったときは、交通費や時給が高めでした。

ちなみに知床はこんな感じの場所です。

知床はこんな場所
  • 2月のシーズン直前なのに人が足りてないから急募
  • 札幌から深夜バス6時間でいく超田舎
  • 街にいくのに1時間に1本のバスしかない
  • 遊べる場所は自然以外なにもない

関東や関西から北海道の知床にいくには、飛行機と深夜バスを使っても移動に1日かかります。そのため、繁忙期シーズンの2月直前にもかかわらず人が集まっていませんでした。

そこで知床のリゾバ先は

  • 交通費を一律5万円支給(実際4万円でも5万円支給)
  • 時給950円(北海道内では高いほう)
  • 食事3食無料(休日も)

といった感じに、条件を良くして募集していました。

ひで
ひで
特に交通費は、実際4万円でしたが「5万円支給します!」というレア求人でした。
  • 忙しい時期だけど人不足
  • 遊ぶ場所がない田舎で人が集まりにくい
  • 周りにコンビニやスーパーがない環境

こういった困っているリゾートバイト先は、交通費を多く支給したり時給が高く設定されています。

遊ぶ環境よりも、時給や交通費の条件を重視したい人は、「急募」や「周辺環境が悪い」リゾバ先を担当に紹介してもらうといいでしょう!

リゾートバイトで交通費をもらうのに「領収証」は必要なのか

リゾートバイトは、最後の給料に往復でかかった交通費が合算されて振り込まれます。

特に交通費をもらうのに申請は必要ないんですが

  • 実際にかかった交通費の証明はいらない?
  • 領収証の提出は必要なし?

といった疑問があると思います。

そこで、グッドマンサービスや複数の派遣会社に、「領収証は必要ないのか」を確認してみました。

グッドマンサービスは交通費の領収証は必要なし

ひで
ひで
交通費はもらえると思うんですが、その時に領収証の提出って必要ですか?

保管しておいたほうがいいですか?

担当
担当
こちらで交通手段をお調べして指定するので、領収証の提出は必要ありません!

グッドマンサービスは、

  • 飛行機、新幹線などの手段を決めてくれる
  • 集合時間に間に合うルートと時間をメールで送ってくれる

リゾートバイト先まで「最寄りの駅に何時に乗ってどこで乗り換えて」まで、詳しく決めて教えてくれます。

そのため、派遣会社は指定ルートで掛かる交通費を払うので、領収証の提出は必要ないんです。

ひで
ひで
ただし、派遣会社によってはルートを決めてくれないので、領収証の提出が必要な場合もあります!

派遣会社によって交通費の運用が違うので、事前に確認するのが確実です。

ちなみに私が利用した派遣会社の領収証の有無はこんな感じです。

派遣会社
領収証の有無
グッドマンサービス 場合によって領収証は必要。
東京⇔沖縄で交通費の上限が1万円など、明らかに上限を超える場合は不要
ハッシャダイリゾート 領収証は必要
3か月以上で航空券を支給している場合は不要。新幹線や高速バスを利用したら必要
アプリリゾート 基本的に必要
アルファリゾート 基本的に必要
ヒューマニック 基本的に必要。リゾバ終了後に提出

5社とも、オペレーターいわく「基本的に領収証は必要」との回答でした。

ただ、実際にリゾートバイトをしましたが一度も領収証を提出したことはありません。

派遣会社のオペレーターのマニュアルでは、「交通費で領収証の提出が必要」となっているけど、実際の現場では必要なしといった感じかもしれません。

心配な人は

  • 担当者に聞く
  • 領収証はリゾバ後まで保管しておく
  • 最後の給料と交通費が振り込まれたら領収証を捨てる

をするのが1番確実でしょう!

リゾートバイトの交通費についてまとめ

ザっとリゾートバイトの交通費について重要な点をまとめるとこんな感じ

  • 交通費は最後の給料に振り込まれる
  • 派遣会社から先に貰うことはできない(ハッシャダイを除く)
  • 契約期間を満了しないともらえない
  • リゾバ先、派遣会社によって支給額はバラバラ
  • 大手派遣会社の方が支給額が高いことが多い
ひで
ひで
1番重要なのは「期間を満了しないともらえない」ことです。

リゾートバイトの交通費は、往復で数万円かかることが多いので、損しないように気をつけましょう!

ABOUT ME
ひで
ひで
旅行が好きでリゾートバイトに出会って日本一周。リゾバ歴3年のリアルな情報で悩んでいる方の背中を押せるようなサイトを目指してます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です