リゾートバイト

【女性編】リゾートバイトの持ち物とあると便利なアイテム

[voice icon=”https://enjoy-job.net/wp-content/uploads/2017/02/画像 自分.jpg” name=”案内人ひで” type=”l icon_blue”]

年末年始にリゾートバイトをしたハルさん(女性・30歳)に実際にどんなものを持っていったのかお話を聞きました![/voice] [voice icon=”https://enjoy-job.net/wp-content/uploads/2017/05/ハルさん.png” name=”ハルさん” type=”r”]年末年始の12/29~1/4の7日間、リゾートバイトで白浜のホテルへ行ってきました。

私のいた寮にはハンガー3本とトイレットペーパー、布団一式しかありませんでした。

派遣会社からは、「日用品・衣類は最低限持っていきましょう」といわれていましたが、実際に何が必要になったか?を、女性目線でお伝えします。[/voice]

その前に!リゾートバイトの派遣会社は決まっていますか?

リゾートバイトをしているときに派遣会社選びを間違えて損をしている人によく会います。

[aside type=”warning”]
  • 派遣会社が違うだけで時給が100円違う
  • 交通費が2万円も違う
  • 希望のリゾバ先がなくて諦めた
  • お金が貯まらなかった
  • 残業多すぎて遊べない
[/aside]

適当に派遣会社を選んだことで知らないうちに損をしている人が結構います….

派遣会社にはそれぞれ特徴があるので、自分にあった派遣会社を選ぶことが失敗しないコツです。

[aside type=”normal”]派遣会社の特徴

  1. グッドマンサービス
    →時給と求人数のバランスがいい
  2. リゾバ.com(ヒューマニック)
    →求人数が多い
  3. アプリリゾート
    →留学サポートと求人数が特徴
  4. アルファリゾート
    →女性が活躍できる「仲居さん」[/aside]

「たくさん稼ぎたい!」という人は高時給の派遣会社を選ぶべきですし、「海が近くてキレイなホテルで食事も美味しい…」と条件にこだわりたい人は求人数が多い会社を選ぶべきです。

派遣会社選びで迷っている人は自分がなにを重視したいのか考えて決めましょう!

[btn class=”rich_yellow”]リゾバ大手4社を比較[/btn]

 

話が逸れてすいません!ここから本題のリゾートバイトの持ち物「女性編」に戻ります。

荷物が多くなりそうな人は送るのが楽チン

リゾートバイトは短い期間であっても住み込みになるので、なにかと荷物が多くなりがちです。

持っていくのが辛いくらいの荷物の量になってしまった人は荷物を送ることもできるので覚えておきましょう。

1か月以上のリゾートバイトは荷物を送るほうがいい-郵送する時に確認すること-

絶対に必要な持ち物。無くさないで!

  • 現金・・・3万円前後あれば
  • クレジットカード(いざというときに)
  • 保険証
  • お薬手帳
  • 印鑑

リゾートバイト中の生活費として使う現金は、1週間~1カ月のリゾバであれば3万円あれば十分です。

食事が3食提供されるリゾートバイト先であれば、ほとんどお金を使うことはないので多くの現金を持っていく必要はありません。

 

現地で現金が足りなくなった場合は派遣会社で給料の前払い制度があるので、そちらを利用するのもいいと思います。

印鑑や保険証、なにか薬を飲んでいる場合はお薬手帳といったものも忘れずに持っていきましょう。

日用品

一言、日用品といっても、いっぱいあるじゃん、と思うかもしれません。

でも、思いつくもの全部が正解です。

 

だからといって、必要以上に持っていくとただ重いだけだし、帰るときの整理も大変ですよね。出来るだけコンパクトにまとめてキャリーケースに詰め込みましょう。

持っていくべきもの

  • ティッシュボックス・・・1箱
  • ポケットティッシュ・・・2,3個
  • 洗濯洗剤・・・携帯サイズ(使い切り5袋、とかがあります。)
  • 100均の洗濯干しハンガー
  • トイレットペーパー・・・心配な人は
  • バスタオル・・・1,2枚
  • フェイスタオル・・・2,3枚
  • ハンカチ・・・2,3枚
  • バスグッズ・・・シャンプー・コンディショナー・石鹸(携帯サイズ)
  • スキンケアグッズ・・・歯ブラシ・歯磨き粉・クレンジング・洗顔・化粧水・乳液etc.(携帯サイズ)
  • メイク&スタイリング用具・・・ホールで働くなら、スタイリング剤は必須です。
  • 携帯充電器
  • ボールペン、メモ帳
  • 折りたたみ傘
  • 髪ゴム・シニヨン・・髪の長い人は
  • 生理用品・・・心配な人は
  • 爪切り・・長期バイトの場合は必需

 

目の悪い人は、コンタクトレンズやメガネも必須ですね。

1日を通して、自分が何気なく使っているものを書き出していくと分かり易いです。

 

現地調達で・・・と思うかもしれませんが、リゾートバイト先の近くにコンビニや売店があるとは限りません。

リゾートバイト先の周辺の環境が気になる方は、派遣会社の担当者にリゾバ先を決めるときに確認しましょう。

 

私の行っていたところは、コンビニは寮から歩いて15分ほど、ホテル内の売店で買える程度でした。

スーパーは車でいかないといけない距離だったので、仲良くなった社員さんに車で乗っけてもらっていました。

あると便利な持ち物

  • 手鏡(洗面台についていますが、メイクするときにはあるといいですね)
  • 100均の鍋(お湯を沸かしたい、ちょっと温めたいなどに便利)
  • 食器洗剤、スポンジ(ミニボトルに詰め替えて)
  • ウェットティッシュ
  • 使い捨てコップ&皿(お菓子を女性同士で分け合うとき、コップ等に入れて配りに行きました)
  • はさみ
  • ナイロン袋(3,4袋あると、なにかと便利)
  • 圧縮袋(帰宅時、未洗濯の衣類をまとめるのに最適)
  • 常備薬
  • 消臭スプレー(1日中動き回っていたので気になる方は)
  • シミ抜きシート(ホールだと食器などを運ぶことが多いので服が結構汚れます)

衣類、靴

  • 下着3,4枚
  • インナーTシャツ4,5枚
  • ストッキング3,4枚
  • 靴下3組くらい
  • ルームウェア
  • 仕事用服
  • 仕事用靴
  • 外出用動きやすい服
  • スニーカー・・・歩きやすいもの
  • 防寒具・・・冬なら

外に出歩く事も考えて動きやすい服装、靴は持っていく方がいいです。

場所にもよりますが、リゾート地なのでオシャレは不要で、可愛い服を持って行っても使いどきはありません。

キャンプに行くイメージでいましょう。行き帰りは同じ服でOK。

暇つぶしグッズ

  • UNO
  • トランプ

私も暇つぶしにと、本とUNOを持って行ったのですが、ほぼ毎日みんなで飲みに行っていました。笑

男女別の寮だったので、UNOといっても女性3人で・・・となりましたから活躍する場面はありませんでした…。

私は個室寮だったので1人でしたが、相部屋だったりすればコミュニケーション道具としてもUNOやトランプはいいグッズになると思います。

荷物が多いならリゾバ先に荷物を郵送

男性の場合はリュックやボストンバックだけで荷物が収まると思いますが、女子はなかなか荷物が多いんですよ。

同じリゾバ先に来ていた女子がそうしていたのですが、リゾバ先に段ボールで荷物を事前に郵送していました。

荷物を先に送っておくことで持ち歩く荷物が減って移動がめちゃくちゃ簡単になります。

私は持っていくことだけを考えていましたが、手荷物を減らしていきたい方は先に送っておくと便利ですよ。

リゾバ先での洗濯トラブル

寮の外に共有の洗濯機がありましたが、ボロボロで使う気にはなれませんでした。

近くにコインランドリーもなかったので、お風呂の浴槽にお湯をためて、洗濯物・洗剤を入れてぐるぐる手動で回しました。

そのため、なかなか乾かないので、小さなもの以外はあまり洗濯しませんでした。

1週間の短期のリゾートバイトだったのでそこまで気にすることもないかなと思いました。あとは、シミがついたとき用にしみ抜きシートなどがあれば最強です。

白浜のリゾートバイトに関連する記事

【和歌山県・白浜】レストランの仕事内容・スケジュール-リゾートバイト体験談-

リゾートバイトに女子1人は危険?危ない?実際どうなのか聞いてみた!

年末年始でいくら稼げる?リゾバ体験した女子が給料とリゾートバイトがおすすめな理由を紹介

ABOUT ME
ひで
会社員を辞めたタイミングで「旅行が好き!」「いろんな場所に行きたい!!」という想いから2017年2月~リゾバ生活をスタート。リゾートバイトをやろうと思っている人の役に立てれば嬉しいです!