リゾートバイトの寮は汚い?実際の個室と相部屋を公開!

リゾートバイトは土日だけの短期から半年以上の長期というものもあります。リゾートバイトは基本的には寮が完備されており複数人で相部屋か個室などタイプは様々です。

実際にどんな寮に行くのかはリゾートバイトの派遣会社の資料に写真付きで紹介されている場合もありますが、記載がない場合はいってからのお楽しみです。めちゃくちゃ汚い寮とかだったらどうしようと不安になる方もいると思うので、実際に私がいったリゾートバイト先の寮を公開します。

[voice icon=”https://enjoy-job.net/wp-content/uploads/2017/02/画像 自分.jpg” name=”ひでっち” type=”l icon_blue”]今回は北海道のリゾートバイト先の寮を公開します。想像していたよりもキレイでした![/voice]

汚くない北海道の個室の寮

6畳ほどのワンルームでテレビや暖房など生活上に必要な設備は完備されています。窓は2重になっていますし、暖房は常にきいているので全く寒くありません。

私は気にならないタイプですが、同じリゾートバイト先にいるインタビューにも登場したN川さんの部屋は髪の毛などが結構落ちていて最初は掃除が大変だったということを言っていました。気になる方とそうでない方でわかれますが持ち物でも紹介したコロコロなど持参した方が簡単な掃除をする場合は便利です。

多少の収納スペースあり

リゾートバイトは基本的に数か月の寮生活になるので荷物も多くなります、特に女性の場合は手荷物以外にも事前にリゾートバイト先に送っている人もいます。寮には収納するスペースがほとんどありません。

洗濯を干すなどもハンガーを写真のようにかけて干すイメージになります。持ち物の便利グッズで紹介したロープ付きのハンガーなどがあると洗濯物が多くても大丈夫だと思います。

キッチンはあるけどコンロなどなし

キッチンはワンルームでよくあるシンクのキッチンです。特に設備はなにもないことが多いですが、インタビューに登場したOさんのリゾートバイト先の中には、食器などが完備されていて料理ができる環境だったという場所もあったといっていました。

北海道のリゾートバイト先のように食事が3食無料で提供される場合は自炊の必要もないですが、1食数百円のお金がかかるリゾートバイト先の場合は自炊もありかもしれません。

ユニットバス

トイレ・バスが別でキッチンも別といった環境がバッチリな寮はなかなかありません。ユニットバスがイヤという人もいると思いますが無料で住める寮なので我慢しましょう。リゾートバイト先を選ぶ際の条件に寮についての記載があり写真も添付されていることが多いので寮の環境が気になる方は要チェックです。記載がない場合は派遣会社の担当者に確認することで解決します。

布団あり

リゾートバイト先には布団なども提供してくれる場所もありますが、誰が使ったかもわからない布団に寝たくないという人もいるはずです。そんな方は事前に布団などを送っておきましょう。

リゾートバイト先によっては布団の貸し出しを希望する人には、クリーニング代などの請求をするところもあるのでリゾートバイト先を選ぶ際の条件の確認をしましょう。書いていない場合は派遣の担当者に確認することをおすすめします。

熱海のリゾートバイトは普通のアパートに無料で住める

リゾートバイトの寮は「社員寮」「アパート」「客室」というようにいろんな形態があります。

今回の熱海のリゾートバイトは普通の30部屋ほどあるアパートの1室を寮として社員、派遣の方が利用しています。若干築年数がいってそうな感じはしますが、住めない!汚い!!という感じはしません。

部屋の広さは8畳ほどでエアコン、大容量の押し入れという一般的なアパートの部屋の形です。北海道の社員寮の時は押し入れなどがなかったので荷物で部屋が散らかっていましたが、ワイシャツを収納できる棚、布団を4人分ほど収納できる押し入れがあって助かりました。

[voice icon=”https://enjoy-job.net/wp-content/uploads/2017/02/画像 自分.jpg” name=”ひでっち” type=”l icon_blue”]熱海のリゾートバイトの時は寮の写真がなく、派遣されている女の子からの感想しか情報が来なかったので不安でした。

最悪めちゃくちゃ汚い寮を覚悟していたのですが、意外にキレイで冷蔵庫・洗濯機、バストイレ別と設備は申し分なかったです!

北海道の寮の写真もあるので覗いてみてください、同じ感じです。[/voice]

▼北海道(知床)の個室寮

【北海道・知床】リゾートバイトの個室寮は綺麗?汚いのかを公開-リゾートバイト体験談-

お客様が宿泊する部屋が寮になるケースもある

熱海と北海道のリゾートバイトの寮はアパートタイプでしたが、伊豆の旅館の体験談では「客室」のような社員寮もあります。私の友達はホテルの1室がそのまま社員寮だったということもありました。

[voice icon=”https://enjoy-job.net/wp-content/uploads/2017/02/画像 自分.jpg” name=”ひでっち” type=”l icon_blue”]寮は絶対にキレイな場所じゃないとストレス!住みたくない!!という人は寮の環境を一番にこだわって探し始めるのもありかもしれません。派遣会社の担当者に伝えれば探してくれます。[/voice]

寮費無料で洗濯機付き!

リゾートバイトの寮は「個室」だけど洗濯機などは共有ということがありますが、熱海のリゾートバイト寮は洗濯機付きでした。設置もされていない状況だったのでどこかの部屋から持ってきたのかもしれませんが、比較的新しく、乾燥機能も付いていました。

コインランドリーや洗濯機を共有という場所だと費用がかかったり、共有するのはちょっと嫌だという人もいますが備え付けのリゾートバイト先もあります。

バス・トイレ別

一般的なアパートなのでバストイレ別です。ビジネスホテルのようなユニットバスの寮も少なくないのでココは嬉しいポイントです。

[voice icon=”https://enjoy-job.net/wp-content/uploads/2017/02/画像 自分.jpg” name=”ひでっち” type=”l icon_blue”]熱海の旅館でのリゾバなのでお風呂は旅館の大浴場、トイレも旅館のトイレを使っていたので基本的には寮のは使いませんでした。

温泉地やホテル関係の仕事であれば寮は寝るだけの場所で、私的には汚くなければいいかなくらいです。[/voice]

キッチンも広々

冷蔵庫が備え付けられているのが嬉しい!北海道の冬のリゾートバイトの時は2重サッシが冷蔵庫代わりでした、それも悪くはないですが冷蔵庫があることのがいいですね。

キッチンは十分すぎる広さで炊飯器やコンロなどの設備があれば自炊も可能です。私は職場で食事もしちゃうので自炊をすることはないのであまり意味のないキッチンでした。

ネット環境を大切にしたい方へ「Wi-Fi完備の寮もある」

意外と気にしない人も多いかもしれませんが、寮にWi-Fiが完備されている場所もあります。

熱海の寮はテレビがないので基本的にはパソコンをいじっていることが多いんですが、その時にWi-Fiがあれば映画やyoutubeなどを観て時間を潰すことができます。

寮にWi-Fiが完備されていればいつでも気にしないでインターネットを使うことができます。リゾートバイトは田舎なのでやることがないので普段以上に使うことが増えるはずです。

私はいろんな場所でリゾートバイトをしているので、Broad WiMAXという3000円弱でWi-Fiルーターを持ち歩いています。テレビよりもスマホ、インターネットを絶対に欠かしたくない人におすすめです。

リゾートバイト先によって男女が同じ寮棟の場合あり

基本的には男女別の寮棟になっている場合が多いようですが、今回一緒に働いている人の話によると一緒の寮棟の場合もあるようです。仕事終わりにみんなで集まって飲めたりするみたいですが、寮棟が別の場合は男女の寮の行き来は禁止されていることがあります。

リゾートバイト先の事前資料に寮についての記載もあるので、男女の交流を積極的にしたい方の場合は要チェック項目です。

仕事以外の時間を大切にしたいなら相部屋は避けよう

リゾートバイトを経験する前までは特に個室や相部屋などこだわりがなかったのですが、慣れない仕事をした後に1人の時間がないのはつらいなと思ったことがあります。

相部屋の寮の場合は1カ月という短い期間でもすごく仲良くなれる可能性があるので、全国に仲のいい友達がほしい人などで積極的にかかわっていきたい人は相部屋がおすすめです。仕事以外はそれなりに自分の時間を大切にしたい方は個室の寮が断然おすすめなのでリゾートバイト先を探す際に派遣会社の担当者に事前に個室希望と伝えましょう。

個室の寮の場合は費用が発生、相部屋なら無料という感じでリゾートバイト先によって違うので確認しましょう。

 

ABOUT ME
ひで
ひで
旅行が好きでリゾートバイトに出会って日本一周。リゾバ歴3年のリアルな情報で悩んでいる方の背中を押せるようなサイトを目指してます!