リゾートバイト

ツアーナースは病院以外で働きたい看護師さんにおすすめ!旅行好きには最高のツアーナース-リゾートバイト体験談-

看護師として働いていると、さまざまな悩みを抱えている人も多いでしょう。

なかでも、こんな悩みを持っている人はいませんか?

 

  • 仕事がきつくて、このまま仕事を続けていくのは不安
  • 病院以外の働き場所に興味がある
  • 自分の時間が作れなくて、プライベートが充実できていない

 

この悩みは、小児科病棟4年、整形外科・泌尿器科・内科の混合病棟で3年働いている間に、何度も思っていたことでした。

看護師を辞めた方がいいのかな・・・とまで考えたのですが、そんなとき、私にある転機が訪れたのです。

病院以外で働くツアーナースは自分のペースで働けるお仕事

たまたま働いていた病院に、「ツアーナース」の募集案件が届きました。

しかも、小児科経験がある私にやってほしいと上司から言われ、思わぬところで病院以外で働く機会を得ることになりました!

リゾート地や観光名所にいける!

ツアーナースの仕事は派遣会社などに登録して「自分の好きな場所」「好きな時」に働くことができます。

私は今まで数十回ツアーナースとして働いたことがありますが、日光や那須、軽井沢、河口湖などの関東のリゾート地、観光名所をメインに京都・奈良、新潟なども行きました。

行こうと思えば北は北海道から南は沖縄まで募集があるので、リゾート地を巡る、日本中を周りながら仕事をしたいと思っている看護師さんにいいと思います。

住んでいる地域や登録会社によって案件に偏りがあるかもしれませんが、自分で行きたい場所を選べるのもいいですね。

自分の空いている時間で自由に働ける

  • 仕事がきつくて、このまま仕事を続けていくのは不安
  • 病院以外の働き場所に興味がある
  • 自分の時間が作れなくて、プライベートが充実できていない

 

私が悩んでいたことを解決してくれたのがツアーナースのお仕事でした。

自分の空いている日を選んで働けるので、病院以外で自分のペースで働きたいと考えている看護師にとって、ぴったりなのが「ツアーナース」なのです!

まずは「ツアーナース」のお仕事内容について紹介しましょう!

ツアーナースの仕事内容

ツアーナースとは?

ツアーナースとは、主に学校行事である林間学校や修学旅行などの旅行に看護師として添乗する仕事です。いわゆる養護教諭の代わりのような仕事です。

案件には、学校関係だけではなく、スポーツクラブの合宿や社会人の研修合宿、高齢者の慰安旅行のようなものまで幅広くあります。

また、全て行程に同行するものだけでなく、宿などの施設で待機する施設常駐型というタイプもあります。

添乗して何をするの?

基本的には、旅行に参加する人の健康管理が主な仕事です。

なかには持病がある人、怪我や具合が悪くなる人もいるので、そのようなときに対応するのがツアーナースの役割です。

 

軽い症状の場合には、簡単な手当や保健室などで安静にしてもらいますが、感染症や悪化する可能性が高い場合、緊急な状態の場合には病院受診や救急車で搬送するなどのサポートも行います。

しかし、医師のように診断や内服などの治療を行うことは許されないので、あくまで看護師の業務範囲内での活動となります。

ツアーナースの給料・待遇

ツアーナースが所属するのは、主に派遣会社や旅行会社になります。

旅行会社の場合には社員で募集をしているところもありますが、ほとんどが派遣登録で行うことが多いです。

給料は日当12000~20000円、食事代や交通費込みの場合や別に支払う場合など、登録している会社や派遣先によって違いがあります。海外旅行の添乗の場合には、日当がプラス1000~3000円ほどになることもあるようです。

 

ツアーナースはこんな看護師におすすめ

旅行や出かけるのが好き

ツアーナースの現場は観光地であることが多いので、旅行に出かけたりすることが好きな人におすすめです。

参加者の健康状態が落ち着いているときは、一緒に観光を楽しんだり、イベントに参加することもできます。(それでも、常に目は光らせておきます)

もし、あまり出歩いたりするのが好きではないという人には、ツアーナースでも施設常駐型という案件もあります。施設の保健室で待機しているタイプなので、旅行は好きだけど体力に自信がない人は、こちらもおすすめです。

好きな時に、自由に働きたい

派遣登録でのツアーナースの場合、自分の好きなときにツアーナースを入れて、シフトを作ることができます。

合間で別の派遣をしてもいいですし、ツアーナース専属でやっている人もいます。とにかく、病院勤務に比べて、自由度が高いのが一番のメリットだと思います。

募集が圧倒的に多いのは都内や隣接する県ですが、現在は少しずつ地方でも案件数は増えてきています。

都内であれば繁忙期である春秋をメインに1年中募集があります。

そのため、行き場所とか対象年齢などにこだわりがなければ、選ぶのが困るほど案件はたくさんです。多い人では、2泊3日~3泊4日を月に6~7件入れている人もいました。

毎回新しい現場で緊張感・新鮮さが欲しい人

ツアーごとに違うスタッフや参加者との関係で、最初は緊張するなど慣れないこともありますが、毎回新しい気持ちで参加することができます。

もし、この人苦手だな~とか合わない人がいても、1回きりなので、どうにか乗り切れます。

逆に、ここの学校はとっても良かったと何度か添乗し、相手からもいい評価をもらった場合には、直接依頼されることもあります。このように、自分の好きな場所や学校を探して応募することもできるのです。

応急処置やフィジカルアセスメントなどのスキルを深めたい

ツアーナースでは、ほとんどが軽度の怪我や症状であることが多いです。

しかし、なかには重篤な疾患が隠れていることがあり、いち早く異変に気づき、適切な対応がとれるかということが重要です。

 

ツアーナースは、病院のように医療機器が揃っているわけではないので、看護師の観察・アセスメント力がものをいう場面です。病院などの経験とは違ったスキルが必要になります。

そのため、応急処置やフィジカルアセスメントなどの事前学習や講習を受けるなどのスキルアップをしたい人には、とてもいい経験となります。

ツアーナースで大変に思うこと

よく添乗した先の先生から「落ち着いていて良かったね」と言われます。

何事もなく過ぎて良かったということなのでしょうが、実はツアーナースとしての心構えとして一番重要だと思っていることがあります。

それは、いかに影武者のように先回りして裏方仕事に徹するかです。

発熱(のちにインフルエンザだと発覚)した子を早めに隔離して、生徒たちに手洗いアルコール消毒、マスク着用を徹底させることで、インフルエンザを拡大させることなく済んだ例などたくさんありました。

こうした小さいことの積み重ねから、実は参加者の健康が守られていることもあると知ってほしいと思っています。

ときには、運も関係していることも少なからずありますが、予防できることはとことん予防する!というのもツアーナースにとって大事な役割です。

私がツアーナース・転職でお世話になっている派遣・転職サイト

MC ナースネットは、他と比べて派遣の案件数や業務の種類が多いのが特徴です。

私のようにツアーナースだけでなく、クリニックや老人ホーム、健診などさまざまな環境で働きたいと思っている人には、とても便利だと思います。

MCナースネットで転職の経験もありますが、派遣の時に担当してくれていた人がそのまま担当となり、私の働く状況などを理解してくれていたので、相手先の病院にもスムーズに転職することができました。

 

現状に悩んでいる看護師さん!ツアーナース本当におすすめです

このように、ツアーナースとしての働き方は今までの病院勤務とは全く違い、一から覚えることもありますが、病棟での経験を生かすこともできます。

自由に働きたい私にとって、これほどやりがいがある仕事は初めてでした。

もし、今の現状に悩んでいる人で、少しでも興味があれば、まずは飛び込んできてほしいと思います。そして、看護師としての新たな自分を見つけていきましょう!

ABOUT ME
ひで
会社員を辞めたタイミングで「旅行が好き!」「いろんな場所に行きたい!!」という想いから2017年2月~リゾバ生活をスタート。リゾートバイトをやろうと思っている人の役に立てれば嬉しいです!