体験談

【長野県・乗鞍温泉スキー場】リフト乗り場のリゾートバイト体験談-スキー場勤務は滑り放題・しっかり貯めれる-

スキー場でのリゾートバイトは冬になるとたくさんの求人がでますし、「スノーボードが好き!」「たくさん滑りたい」という人たちにとても人気があります。

スキー場のリゾートバイトは「レストラン」「インフォメーション」「インストラクター」「リフト乗り場」「売店」「レンタル」などいろんな場所で募集があります。

[voice icon=”https://enjoy-job.net/wp-content/uploads/2017/02/画像 自分.jpg” name=”ひでっち” type=”l icon_blue”]今回は「リフト乗り場」でのリゾートバイト経験をしたモロハシさん(27歳・男性)にお話を聞きました!

スキー場で働きたいと考えている人に参考になりますよ![/voice]

リゾートバイトを選んだ理由

僕がスキー場でアルバイトをしようと決めたのは大学2年のときでした。僕の居た長岡技術科学大学は長期休暇が夏1か月、冬3か月で、この3か月という長い休暇を利用してスキー場にアルバイトに行くのが僕の母校での冬の過ごし方の一つのパターンでした。僕は海外へ語学研修に行きたくて、その費用を貯めるためにアルバイトに行きました。

スキー場のリフト乗り場のリゾートバイト

僕が勤務したのは長野県小谷村にある乗鞍温泉スキー場でした。スキー場のアルバイトと一口に言っても仕事の種類はホテルの受付、寮の厨房、リフト券販売などいくつかありますが、僕はリフト乗り場の管理を任されました。

リフト乗り場の管理は一番人手のかかるところなのでスキー場でアルバイトをすると多くの場合は乗り場の管理に回されることになるかと思います。

リフトの管理の仕事のスケジュール・仕事内容の特徴

8~ 9時           降り場で安全確認

9~10時           リフトの制御(小屋の中)

10~11時         リフト券の確認

11~12時         降り場で安全確認(小屋の中)

12~13時         お昼休み

13~14時         リフト券の確認

14~15時         降り場で安全確認(小屋の中)

15~16時半     リフトの制御(小屋の中)

基本的にリフトの管理のアルバイトは残業はありません。スキー場にいったことがある人はわかると思いますが営業時間が終わったリフトから止まっていきます。

ナイター営業がある場合は一部のリフトのみ稼働するだけで私たちのような短期のリゾートバイトスタッフは残業無しで帰ります。

[voice icon=”https://enjoy-job.net/wp-content/uploads/2017/02/画像 自分.jpg” name=”ひでっち” type=”l icon_blue”]朝8時~夕方の16時半までの勤務時間なので、一般のアルバイトと同じ時間帯で働けるのはいいですね。ホテル関係だと朝6時から仕事などあります。

ホテル関係などに比べると稼げる金額は少ないかもしれませんが、スノーボードやスキー目的でリゾバに来ている人は夕方から滑ることができるので良いですね![/voice]

スキー場のリフト乗り場の仕事の特徴

超簡単!覚える仕事がめちゃくちゃ少ない

乗り場の管理の仕事は3人の交代制で覚えることが少なくてとっても簡単です。リフト乗り場の仕事は3つで「リフト券の確認」「リフトの制御」「安全確認」を3人一組でやります。

一人が外に立ってお客さんのリフト券の確認、一人が小屋の中で動くと止めるの2つのボタンでリフトの制御、一人がリフトに乗って上に行きリフト降り場の小屋で安全確認という3つの仕事を交代でやるだけです。本当にこれだけです。

何も知らずに行ったとしても一日で覚えられます。お客さんが乗り降りする際には怪我をしないように注意が必要となりますが、これを16時半までやっておしまいです。

勤務時間も8時~16時半までなので、朝も早くなく勤務中も動き回ることが少ないので体力に自信がない人でも問題なく働くことができます。

[voice icon=”https://enjoy-job.net/wp-content/uploads/2017/02/画像 自分.jpg” name=”ひでっち” type=”l icon_blue”]リゾートバイトで慣れない環境にいって慣れない仕事をするのは不安ですが、覚える内容が少ないのであれば少し安心ですね!

レストラン関係の仕事は結構歩くので体力が必要な場合もありますが、リフト乗り場は体力に自信がなくても大丈夫ですね。[/voice]

意外と外にいる時間が少ない

リフト乗り場の仕事は「外仕事」というイメージがあると思いますが、スケジュールの一例を見ていただいて解るように外に出ている時間は意外と少ないです。

スキー場で働きたいけど寒いから外の仕事はやりたくない!ということでレストランを選ぶ人も多いと思いますが、リフト乗り場の仕事は意外と室内にいる時間が多いのでおすすめです。

天気にもよりますが、基本的に外は寒いですが勤務時間の多くは小屋の中にいることができます。外にいる時間は2時間から、多くて3時間半でした。

[voice icon=”https://enjoy-job.net/wp-content/uploads/2017/02/画像 自分.jpg” name=”ひでっち” type=”l icon_blue”]これは意外ですね!リフト乗り場の人は外にいるイメージでしたが、確かに小屋の中から見ている人もいますね。

スキー場によっても変わると思いますが、スキー場のレストラン以外で働きたい人は参考にしてみてもいいかも知れまsせんね[/voice]

雪かきの仕事が少ない!

雪が降ると「雪かき」をする人が多いと思いますが、スキー場でも仕事中に雪かきをすることがあります。雪が多いスキー場での雪かきは大変というイメージを抱きやすいですが実はそうでもありません。

雪が常にある場所だからこそ設備が整っているので実は大変じゃありません。ほとんどはラッセル車というブルドーザーで雪をはねてくれるので、手での雪かきはラッセル車が入れない小屋の周りをほんの少しするだけで終わるんです。

[voice icon=”https://enjoy-job.net/wp-content/uploads/2017/02/画像 自分.jpg” name=”ひでっち” type=”l icon_blue”]これまた意外ですね!!

長野出身の私は雪が降った日の早朝は雪かきから始まりますが、筋肉痛になるほど大変です。慣れていない人がやると本当にめちゃくちゃ疲れます。

設備が整っているスキー場では機械がメインで細かい部分をちょっとやるだけなんですね。[/voice]

日給7000円でも3か月で45万円の貯金!

アルバイトに行く目的は人によって様々かと思いますが、お金を稼ぎに行くということだけは共通していると思いますし、やっぱりどれくらい稼げるのかって重要ですよね。

僕の行ったスキー場では日給7000円でした。たったの7000円かと思うかもしれませんが、仕事の内容は書いた通りごく簡単な上に「一人部屋」の「水道光熱費込み」の「3食付き」です。

基本週休1日、希望を出せば2日というシフトだったので無駄遣いしなければひと月15万円くらい残ります。

僕は3か月で45万円くらい貯めました。あとで先輩から聞いた話によると日給がもう少し高い場所もあったようなのですが、そういうところはお客さんの入りも多く、相応の忙しさも伴うとのことでした。

[voice icon=”https://enjoy-job.net/wp-content/uploads/2017/02/画像 自分.jpg” name=”ひでっち” type=”l icon_blue”]日給7000円なので時給850円ほどです。最近は日給よりも時給のリゾバ先が多いです。

時給850円でも3か月で45万円貯めれるのは驚きですね、普通に生活していたら850円の時給で45万円の貯金は難しそうですね、寮費・水光熱費・食費が掛からないリゾバだからこそですね![/voice]

リゾートバイトでは外国語をしゃべれると重宝される

たまにですが海外からのお客様が来られまして、職場に英語が話せるのが僕しかいなかったので対応が必要な時に呼ばれることがありました。ホテルの受付やレスキューには英語が出来る方がいたのですが、リフト乗り場では稀なようです。

外国人旅行者の中には日本がはじめて、スキー場がはじめてで様々な事情がよくわかっていない方がいましたので、ほんの簡単な英語が話せるだけでも大変喜ばれました。

「リフト券は一人一枚持って乗るときに係りの人に見せてください」とか、「今3番のリフトは強風で停止しています」とか、簡単なことを伝えるだけだったのですが、英語が話せることはかなり重宝されました。

[voice icon=”https://enjoy-job.net/wp-content/uploads/2017/02/画像 自分.jpg” name=”ひでっち” type=”l icon_blue”]モロハシさんは直接雇用だったので日給アップなどはなかったですが、派遣会社を通して働いていれば「語学力」の部分で時給・日給アップもあり得たでしょう。

外国が喋れる方は積極的にアピールするべきですよ![/voice]

リゾートバイト中の休日以外もスノボー三昧

休日はアルバイト含め職員はリフトがタダで使えたのでスキースノーボードは滑り放題でした。信州大学に友達がいたので買い物を兼ねて街に友達のところに遊びに行くか、スキーを滑っているかというのが休日の過ごし方でした。

休日以外も平日のお客さんの少ないときには滑りたかったら行ってきていいぞって、勤務中なのにスキーまでさせてくれました。休日や晴れの日になると流石にお客さんも多くなるので無理ですが、休日以外にも滑ることができて遊んでいるのか働いているのかわからないくらい楽しかった思い出です。

僕はほぼスキーが滑れない初心者の状態で行ったのですが、地元住みの先輩方に教えてもらってこのアルバイト中に上級者コースも滑れるようになりました。ボードは持っていなかったのですが学生に借りてちょっとだけ体験しました。

[voice icon=”https://enjoy-job.net/wp-content/uploads/2017/02/画像 自分.jpg” name=”ひでっち” type=”l icon_blue”]スキー場でのリゾバはリフト券タダという特典があります、温泉があるスキー場であれば温泉も入り放題です。

たくさん滑りたい、めちゃくちゃスノボーが好きというような人がたくさん働いています。初心者の方も毎日教えてもらいながら滑れるので上達しますね![/voice]

スキー場のリゾバはスキーを練習したい人とお金を貯めたい人向け!

僕は3か月と長期でアルバイトをしましたが、中には年末年始の1週間だけとか短期でやっている方もいたのでアルバイトの期間はかなり融通が利くようです。

実際にアルバイトをする前は雪かきや寒さが大変そうだなと思っていましたが、実際にはほとんど機械でやってくれましたし、外にいる時間は思っていたよりずっと短く、小屋の中でだるまストーブに当たりながらの勤務で快適でした。

山奥なので買い物が不便でしたがある意味お金の溜まりやすい環境なので、まとまったお金を貯めたいという方にはスキー場のアルバイトはおすすめです。働きながらスキー・スノボーの練習、上達したい人にもおすすめです。

[voice icon=”https://enjoy-job.net/wp-content/uploads/2017/02/画像 自分.jpg” name=”ひでっち” type=”l icon_blue”]リゾートバイトは山奥や海沿いなど田舎な場所が多いです。その為遊ぶ場所も少ないのでお金が貯まりやすいです。

私も北海道の知床という山と海しかない場所でリゾバをしたときは1カ月で20万以上貯金できました。

短期で貯金したい人にリゾートバイトは本当におすすめです![/voice]

上司が作ってくれたキムチ鍋が最高に美味しかった思い出

上司もとても優しい方で毎日お昼に乗り場のだるまストーブでお味噌汁作ってくれて、寒いスキー場で食べるあったかい味噌汁がおいしかったです。一度地元の焼肉屋さんで買ってきたキムチでキムチ鍋も作ってくれたのですが、それが環境も相まって今まで食べたキムチ鍋で一番おいしかったと思っています。

[voice icon=”https://enjoy-job.net/wp-content/uploads/2017/02/画像 自分.jpg” name=”ひでっち” type=”l icon_blue”]スキー場でキムチ鍋とか考えただけで美味しいに決まってますよね!!

リゾートバイトは些細な事でもいい思い出になります、日常に飽きた、ちょっと気分転換したい人は短期でもいいので行ってみるといいですよ。[/voice]

ABOUT ME
ひで
会社員を辞めたタイミングで「旅行が好き!」「いろんな場所に行きたい!!」という想いから2017年2月~リゾバ生活をスタート。リゾートバイトをやろうと思っている人の役に立てれば嬉しいです!